プロフィール

逆二刀中段の構え



blues
  1964(昭和39)年生まれ 男性 会社員


◆小学2年で剣道を始める。→ 関連記事はこちら

◆小学4年の時、十二指腸潰瘍発症。

◆高校1年の時、十二指腸潰瘍悪化に伴う極度の貧血で剣道を断念。→ 記事はこちら

◆大学2年の時、十二指腸と胃の3分の2の摘出手術。その2か月後、胃潰瘍発症。

◆25歳の時、胃潰瘍完治。

◆45歳の時、ブランク30年の剣道を再開。→ 記事はこちら  同時に二天一流武蔵会の門をたたく。→ 記事はこちら

◆52歳の時、急性リンパ性白血病に。→ 記事はこちら


リバ剣後の戦績等


◆2010(平成22)年1月。45歳で30年ぶりに剣道を再開。いきなり二刀で稽古。段位は初段(中学1年で取得、当時は中学生は初段まで)。二天一流武蔵会に入会。→ 関連記事はこちら

◆同5月。地元市民大会に二刀で出場。個人戦2回戦敗退。→ 記事はこちら

◆同8月。剣道二段取得。二刀で受審して合格。戦後初かも。→ 記事はこちら

◆2011(平成23)年は東日本大震災があり、施設が使えず、1年間試合なし。→ 記事はこちら

◆2012(平成24)年5月。地元市民大会に二刀で出場。個人戦壮年の部で優勝。→ 記事はこちら

◆同8月。剣道三段取得。二刀で受審して合格。これも戦後初か。→ 記事はこちら

◆同10月。近隣の市民大会に二刀で出場し、個人戦部門別で優勝。→ 記事はこちら

◆2013(平成25)年5月。地元市民大会に二刀で出場。個人戦壮年の部で準優勝。→ 記事はこちら

◆同10月。近隣の市民大会に二刀で出場し、個人戦部門別で優勝。総合で3位→ 記事はこちら

◆2014(平成26)年1月。剣正会第十三回オープン大会、団体戦3位。→ 記事はこちら

◆同10月。地元市民大会、団体戦優勝。決勝戦で二刀で代表戦制す。→ 記事はこちら

◆2015(平成27)年5月。地元市民大会に二刀で出場。個人戦壮年の部で優勝。→ 記事はこちら

◆同8月。剣道四段取得。二刀で受審して合格。→ 記事はこちら

◆同10月。地元市民大会、団体戦優勝。→ 記事はこちら

◆同10月。近隣の市民大会に二刀で出場し、個人戦部門別三位。→ 記事はこちら

◆2016(平成28)年10月。地元市民大会、団体戦部門別3連覇。総合の決勝戦、二刀で代表戦制し、初の総合優勝。→ 記事はこちら

◆2017(平成29)年。急性リンパ性白血病に。1年3か月剣道できず。→ 記事はこちら

◆2018(平成30)年4月。急性リンパ性白血病の闘病から奇跡のカムバック。→ 記事はこちら

◆同5月。稽古再開1か月で地元市民大会に強行出場。もちろん二刀で。個人戦壮年の部で優勝。→ 記事はこちら

◆同9月。千葉県選手権大会(全日本選手権大会予選)に54歳で初出場。初戦、試合時間20分をこえたところで力尽きて敗退。→ 記事はこちら

◆同10月。近隣の市民大会に二刀で出場し、個人戦部門別三位。→ 記事はこちら

◆2019(令和元)年5月。地元市民大会で個人戦準優勝。→ 記事はこちら

◆同8月。千葉県剣道選手権大会(全日本選手権大会予選)に二度目の出場。一回戦、終始攻め込むも延長の末、敗退。→ 記事はこちら

◆同11月。地元市民大会で団体戦壮年の部で優勝。さらに総合の決勝で、青年の部の優勝チームを破って二度目の総合優勝。→ 記事はこちら


挑戦は続く!



注目の投稿です

剣道 戦国期の下克上が意味するもの

「下達」が駆逐され「上達」への道が拓かれた戦国時代 「下達」とは  論語の一節に「君子は上達す、小人は下達(かたつ)す」という言葉があります。  凡人は、とかくつまらぬことに悪達者になる。励めば励むほどかえってそういう方向に突き進んでしまう。やがて手に負えない厄介者になり、私はこ...

人気の投稿です